リハビリテーション科(医療技術部)

リハビリテーション科(医療技術部)



理念

医療・介護・福祉の広い視野と知恵と技術と努力で、すべての人の尊厳ある生活を支援する
患者さんによりよいリハビリテーションをうけていただくことを目標に、急性期から回復期、生活期まで継ぎ目のない療法を提供しています。

理学療法(PT)とは?

起きる・座る・立つ・歩くなどの基本的動作の練習を行います。日常生活が安定して行えるように関節の動きの拡大や筋力の向上などのトレーニングを行います。それぞれの患者さんの必要に応じて、杖や手すり・歩行器・車椅子・装具などを検討し、基本動作の向上から日常生活に関連した動きの獲得・向上を促していきます。

◆作業療法(OT)とは?

病気や怪我により身体や精神に障害を受けてしまった患者さんに対して、障害された身体機能の改善、身の回りの生活(食事・排泄・更衣・整容・入浴)の獲得、社会復帰などを目指します。訓練では機能の回復・維持および開発を促す作業活動を行うことで治療、指導および援助を行います。患者さん一人一人に合わせて、日常生活動作の獲得や質の向上を目指します。

◆言語療法(ST)とは?

主に脳の病気が原因で言いたい言葉が出てこない、聞くことや読んだことの意味がわからない、発音の問題では声が出にくい、声がかすれる、滑らかに話せないなどのコミュニケーションの問題や、食べ物をうまく飲み込めない、むせるなどの食事の問題に対して評価・訓練・指導・環境調整を行っています。

◆退院前訪問指導

必要に応じて退院前にご自宅を拝見しに伺います。自宅環境に合わせた訓練を取り入れるとともに、退院後の生活を考え住宅改修の提案も行います。訪問リハビリテーションのセラピストが同行し、経験を生かしたアドバイスも行います。

◆人員配置

病院リハ 通所リハ 訪問リハ
PT 26 1 12 39
OT 9 1 3 13
ST 4 0 1 5
39 2 16 57

◆訪問リハビリテーション

上山病院訪問看護ステーションより理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、ご自宅に訪問してリハビリテーションを行っています。
対象疾患は、脳卒中などの脳血管疾患、骨折などの整形外科疾患、呼吸器疾患などの内部疾患をはじめ、神経難病など様々な疾患に対応しています。ご利用者様の90%が介護保険、10%が医療保険を使用されています。
当院から退院された方のご利用も多く、ご自宅での日常動作の確立や退院後の不安解消などのご希望に対し、面談で具体的な目標を立ててリハビリテーションを行っています。
上山病院にかかっていない方でも、主治医の先生より指示を頂くことで、居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)や保健師と連携をとって利用していただくことが可能です。
訪問範囲は寝屋川市全域が中心です。研修会やカンファレンスなどを通して、病院や医院、介護保険のサービス事業所、自治体、地域の皆様と連携をとり、「障害を持った方も安心いて参加できる地域づくり」に努めています。

◆通所リハビリテーション(デイケア)

デイケアでは理学療法士・作業療法士専従を各1名ずつ配置しております。
以前当院に入院されていた方や訪問リハビリを利用されている方には病院や訪問リハビリのスタッフも顔を出して一緒にリハビリさせて頂くこともあります。病院から退院され日が浅い方にはご自宅に伺い、その方の実際の日常生活動作を確認し、問題点を抽出して、デイケアでのリハビリの目標を立て、実施していけるように努めています。(訪問指導)

◆対象疾患

整形外科疾患(大腿、下腿、足部、脊柱、上腕、前腕、鎖骨の骨折やその術後など)
脳外科疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍など)
呼吸器疾患(閉塞性障害、拘束性障害など)

施設基準

 運動器リハビリテーション料(I)
 脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
 呼吸器リハビリテーション料(I)
 がん患者リハビリテーション料

◆診療時間

■通院の外来診療 電気治療の物理療法

時間帯 療法
午前診 個別療法
物理療法
午後診 物理療法

■リハビリテーション中心の回復期病棟 急性期の一般病棟

病棟 時間帯
回復期病棟 午前
午後
一般病棟 午前
午後

◆院外活動

 大阪府理学療法士会北河内ブロック寝屋川代表
 大阪府理学療法士会北河内ブロック生涯学習部員
 大阪府理学療法士会北河内ブロック生涯学習部部長、新人教育部員、資料調査部員
 大阪府作業療法士会北河内ブロック寝屋川代表
 リハビリテーション関係者会
 脳卒中・大腿骨頸部骨折ネットワーク
 難病ネットワーク
 森ノ宮医療大学 保健医療学部 理学療法士学科 堀研究室員
 自立支援型地域ケア会議

◆資格

呼吸認定療法士資格取得者9名

◆リハビリテーション科内研修

脳血管疾患・内部疾患班
整形外科疾患・内部疾患班

平成29年度リハビリテーション科内研修会スケジュール

6月 Case conference
7月 Case conference
8月 Case conference
9月 Case conference
10月 Case conference
11月 Case conference
12月 Case conference
1月 Case conference
2月 Case conference
3月 Case conference

◆その他の勉強会

新人向け研修会(整形外科、脳外科、内科、老人学、当院回復期システム)
新人Case conference(7月~)
義肢装具や福祉用具などにおける勉強会(適宜)

リハビリテーション科関連情報

  • リハビリテーション科採用情報
  • リハビリテーション科(診療科)のご案内
  • 回復期リハビリテーション病棟のご案内(患者さん向け)
  • 回復期リハビリテーション病棟のご案内(患者関係者向け)
  • 来院される方へ